読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1対2ひとりで精神病の両親と暮らす 日記

精神病の両親との暮らしが始まるのと同時に始めたブログ

11/28月 両親福岡上陸21日目

仕事から帰宅すると、父が「一杯やろうよ待ってたんだよ」保険証の申請ができたか聞くと「それができていないんだよ」えっ?どういうこと⁈父は既にほろ酔いだったので冷えたグラスを取ろうとしてしゃがんだ父の頭をぶっ叩いた。そして腹を蹴ってしまった。今日の父のやるべき事は、①区役所に行き国保に加入する②住民票をとる③金融機関に行く     であったが、UR賃貸のための①②をとばして③に行ったらしい。どんな緊急事態があったのか詳細は知らない。 また躁症状かと思い目を覚ますために叩いて蹴った。   そしたら、そこまで酔ってはいなかった。でも③が落ち着くまでは父は区役所はペンディングするそうだ。   いつもこんな感じ。お金が絡む大きな話になるとその他がうまく行かなくなる。UR賃貸物件も区役所で国保に加入しなければ、身分証明書がないからだめになる。契約期限に間に合うだろうか。私がやるといってもだめだという。今はいくら討論しても無駄なので、とりあえず放っておくしかない。

晩御飯にカレーが作ってあった。炊事ができている状態なら、まだ躁は押さえらているな。家事をするしないは、父の状態をはかるバロメーターになる。まだ、大丈夫だ。きっと。父を信じたい。明日も金融機関へ話し会いに行くといっていた。